読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TSUTAYAログ20170115

映画レビュー TSUTAYA レビュー

TSUTAYAで借りたものに偉そうに感想言うシリーズ第四弾です.

前回はこちら

総評★★★★☆[4.0]

小室ゆらちゃんが主演してる映画あったなんて知りませんでした、だれもおしえてくれなかったわあ←。

女子高生二人組が育児放棄の子を見つけてしまって...という話。話的には重いですが重いシーンはあまりないのでそこまで気構えることはなく見れるかと思います。たぶん見終わったあとうわぁ...って感じに少し胸くそ悪くなりますがそういう狙いなんでしょう。

内容的にはまあまあだったけど小室ゆらちゃんがべらぼーに可愛いので星4です。

ゆらちゃんほんとにほんとに可愛いのでもっと売れて(懇願)

 

総評★★☆☆☆[2.0]

一言で言うとKUSOでした。ジャケットの広瀬すずに釣られて内容も確認せず安易な気持ちで借りたら、どこも引っかからないつまんねえ短編オムニバス集(自撮り映像垂れ流しやおっさんの陰茎が巨大化するなど)で広瀬すずが出るパートはまあ30分位です。広瀬すず編と広瀬すず編の音楽が青葉市子だったのでギリギリ星2です。

 

総評★★★★★[4.8]

新宿Ksシネマに舞台挨拶も含め見てきました。序盤はしょーもない展開かな~と思っているとどんどん引き込まれていく魅力があります。監督いわくキスはマッドマックスでいう爆発らしいですwこの映画一つで一つエントリーかけるくらい語りたいですがまた今度にしますね。

 

総評★★★★☆[3.2]

因縁つけて喧嘩ふっかけては完全に相手をブチのめすか自分が再起不能になるまで喧嘩する気が狂った青年の話。最初っから最後まで単純に暴力暴力暴力って感じです。

誰も知らない、包帯クラブからブランクがあって(詳しくは知らない)アオイホノオとか変態仮面の役柄から柳楽優弥ってやはり憑依系の俳優なんだろうけど素はどういう人間なんだろう?エネルギーある映画だと思いました。

 

 

総評★★★★☆[3.7]

さすがブライアン・シンガー監督、ブレねえ!!って感じ。チャールズがハゲた理由がついに判明します。クイックシルバーが大活躍、そして奴も...。

X-MENシリーズ、ローガン(ウルヴァリン3)、デッドープール2が控えているので見逃せませんね!

 

 

 

 

TSUTAYAログ20170103

TSUTAYA 映画レビュー レビュー

TSUTAYAで借りたものに偉そうに感想言うシリーズ第三弾です.

前回はこちら

総評★★★★☆[4.0]

およそ3時間100%大林宣彦って感じ。食い気味、かぶせ気味なセリフ、酔わせるような角度。言葉で表すの難しい映画でした、とても不思議でふわふわしている感じなんですが、結構胸を刺すシーンが。2回3回見て理解することが多いかも。後半からおもしろくなるんですが、

前半がお花畑すぎるというか、わざとらしくしてる合成が鼻につく感じがあって僕は眠くなりました。後半は誤解を恐れずに言うと"Air/まごころを君に"でした。時系列を取っ払ってそれぞれの登場人物が並んで心情風景が折り重なる感じ。内容は樺太の集団自決など史実を元にした映画なのでベクトルが違うんですがね。

映画らしい映画というところではとても良かった。もう一回見たら☆5かもしれないけど初見だと☆4です。

タイトルがおのののかっぽいですがおのののかは関係ないです。

おのののかって言わせていやなんでもないです。

 

総評★★★☆☆[3.4]

そもそも僕は戦争ものの映画を見る事自体あまり自ら進んでやるタイプではないけど、本作は小島秀夫(コジプロ)がやたらプッシュしていたのでこわいもの見たさで借りてみた。終始泥臭い男臭いしかも腐った感じという内容。食料も絶望的なゾンビ状態で島を歩き回り。夜間に敵に見つかるシーンでは機関銃に兵士小隊が八つ裂きにされ内蔵だの脳みそだの四散したりする様が探照灯で照らされるんだけど見ごたえがあった。オチに関しては賛否あると思う。点数的に凡作だけど内容の奇抜さ特殊さではすごいので男なら見とけって感じ。

 

総評★★☆☆☆[1.5]

女子高生がハァハァしそうという理由で借りましたがまあ微妙でした。女子高生がハァハァするのは間違いないんですが...。

女子高生4人組が家出してクリープハイプのライブ見に行くって感じなんですが、女子高生役の子に丸投げしてる感(そういう演出?)が強くてちょっとだめでした。いきあたりばったりでいろいろありました→クリープハイプ流しておしまい。みたいな、誰向けなんだろう?松居大悟監督の他作品だと、真夏の方程式とかスイートプールサイドは結構好きでした。

 

総評★★★★☆[4]

映画館に見に行けば良かった!総合的に良かったのでクドカンのノリが嫌いじゃなけりゃ、とりあえず見てくれって感じです。猿時のくだりがうざいので☆4ですw

特筆すべき点は以下の3つですね(テキトー)

・割りとふざけて好き放題やってる感じの映画ですが地獄の設定や、やたらトイレを地獄と人間界のポータルにしようとしているところなど日本的な要素が非常に強い。

尾野真千子がすごい!!僕は尾野真千子のキレ演技というか雰囲気が苦手だったんですが今作だとめっちゃかわいいです。

・動物視点のシーンが多くておもしろい

深く考えるとツッコミどころも多いですが芯がしっかりしているので微々たるものだと思います。

 

X-MENシリーズはアポカリプス以外見てるんですがサムライ(本作)だけは友人からの評判がビミョーとかウェブのレビューが散々だったので見てませんでした。

実際見た結果言われてるほどでもなかったです。凡作かなあと。

ヒュージャックマンがガチムチでかっこよければなんでもいい

原発の描写がおかしいとかハラダのキャスティングがおかしいとか、まあ日本人的にみたらありますけど、ズレてるのもそれもそれで味ではないかと。それよりローガンジーンに縛られ過ぎだろと。エンディング後にプロフェッサーとマグニートーが登場するので最後まで見ましょう。

walkman NW-A37 とりあえずレビュー

gadget レビュー sony ウォークマン

こんちゃっす。

ウォークマンNW-A37が届いたので感想を。

結論から言うとハズレ商品でした。

2週間使ってみてどうたら的なエントリーにしたかったですが

先日ドナドナしました。

最初触ったときは↓かなり好感触でしたが...

NW-A16との比較になります。

開けていきましょう。

ガラスフィルムと200GBのmicroSDもポチりました。

f:id:SUZUSHIRO:20161217020756j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217021052j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217020941j:plain

64GBモデルにしたのはわけがあって、

内蔵ストレージ64GB:常に聴きたいアーティスト

microSD:容量いっぱいになったらチェンジしてもいいアーティスト

みたいな感じで仕切っていて、前使ってたウォークマンが内部32GBでカッツカツ気味

でした別に32GBでも足りた気がするんですがハイレゾ音源今後出るかもということを

考えるとできるだけ多いほうに軍配が上がりました。

64GBモデルは全部イヤホン付きでした。単体で買うと6000円くらい?

まあ使わないんだけどね。

・ハードウェア編

f:id:SUZUSHIRO:20161217022758j:plain

縦長が四角っぽくなりました。

f:id:SUZUSHIRO:20161217022919j:plain

ロック画面こそ無いもののスマホ風になりました。

曲のコントロールできるハードボタン追加されたのはグッドですね。

f:id:SUZUSHIRO:20161217023048j:plain

写真で伝わるか分かりませんが本体の質感はすごく高級感が増して

重さも含めて剛性があるような感じがします。良い。

ジッポライターみたいな感じ。

f:id:SUZUSHIRO:20161217023208j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217023131j:plain

ハードウェア的に見るとかなり良い出来だと思います。

Twitterでは曲がってる端末に当たった人も居たようですが

いつまで独自端子使ってんだ問題に関しては変換ケーブルで妥協してます。

f:id:SUZUSHIRO:20161217024516j:plain

USBが2.0なので初回転送は結構掛かるかも。

 

・音質編

素晴らしいです。イヤホンはXBA-A3+muc-m12sm2を使っていますが、

A16では力不足でしたが出力が倍以上になったことで本来の力が出たかなと

音の分解能力、高音の出方は凄いです。如実に音源の良し悪しが出る感はありますが。

エントリーモデルらしいですが、ミドルシップと言っても良いかなと思います。

(後述する音飛び問題で論外ですが)

ちなみにソニーストアはmicroSD持ち込みで試聴できますよ。

 

ここまで見るととても良いんですが。。。

 

・ソフトウェア編

 

 (フィルム貼りしくじった)

ソニーストアでデモ機触ったときはそこまで気にならなかったんですが。

ハッキリ言って

許容できるレベルではなく致命的に動きが遅いです。

画面が遅い、ボタンが反応しない、スリープボタンからの回復が遅いのはまだ

良いんですが(良くないけどw)

1時間~2時間に必ずと言っていいほど音飛びします。

DAPとして音飛びはありえないです、ストレスマックスです。

ちなみにA16は二年使ってますが

音飛びしたことがありません。(かなりの音量で常用していて記憶にない)

またバッテリーの持ちが半分か三分の二くらいになった気がします。

DAPスマートフォンに勝る点って音質より、動作の安定性(挙動)、バッテリー、

とか基礎体力的なところだと個人的には思っているんですが

本当に

f:id:SUZUSHIRO:20161217031002j:plain

今の時点で3445曲入っていますが今後転送していけば更に重くなる

わけですよね?ありえない。

A20シリーズまではLinuxベースの独自OS使ってたけど

ダンなUIにするために

A30からAndroidを使用している(インターフェイスやスクショ機能などから推察)

しかし

Androidを動かすにはCPUパワーが足りていないのか

タッチパネルのチューニングが甘いのか、バッテリーも持たないし

全盛期のレグザフォン並の挙動。

恐るべきことに30万のフラッグシップモデルにも同じOSが使われている。

ふざけてんのかって感じですよ。

昔からソニーは高いフラッグシップモデルを各分野出してましたけど

SONY TA-N1 900,000(1999年5月21日発売)画像:オーディオの足跡

f:id:SUZUSHIRO:20161217034043j:plain

それはハードウェア的に非常にお金をかけて、職人が手間をかけて

みたいな。

いつもフラッグシップモデルは

僕の憧れの的だったんですけど、今季のウォークマン

ハードウェアは凝ってますが

音楽再生機として結果としてただの手抜き商品じゃないすか。

いつまでソフトウェア手抜くんですか?

こんな非難ゴーゴーなエントリーを書いてるのがほんとに悲しいです。

来年のモデルに、マイナーチェンジかわからないけどどうにかしてください。

お願いします。

 

追記

ファームウェア(OS)は最新のバージョン1.02を使用

microSDをA16に刺して使用しているものの音飛びは観測できないので

microSDの問題ではなさそう。(そもそも

音楽ファイルを読み込むときはバッファぐらいありそうなので

microSD起因で音飛びとか考えにくい。)

価格.comでの高評価と自分での評価が真逆なのが顕著でした。

良い音源か悪い音源かってわかりやすいですけど

ハイレゾハイレゾでじゃないとかの話ってかなり音量あげないとわかりませんし

わからないかもしれません、かなりシビアな世界だと思うんですが...

 

 

TSUTAYAログ20161204

映画レビュー TSUTAYA

TSUTAYAで借りたものに偉そうに感想言うシリーズ第二弾です.

前回はこちら

総評★★★★☆[3.5]

多部ちゃんすげえ!!ってなる映画。あと音楽が良い、終わり方も良いと思う。

おばあちゃんが若返る話なんだけど過去設定が少しガバガバかもしれないのと

このシーン要る?的なのも少し思った。(BBQのしーんとか)

体力をあまり消費しないのでゆっくり見ることができると思う。

 

総評★★★★☆[4]

ゾンビの動きとか演出が非常に丁寧な作りだった。という印象。

前半のジェットコースターみたいな疾走感、

ロッカーに閉じこもる→飛び出すシーンが良かった。オチが普通だったことを抜けば

映画館で見たらかなり盛り上がったと思う。R15だけあってスプラッタ描写濃いめ。

 

総評★★★★☆[4.5]

すでに映画館で見た作品。アクションシーンが非常に濃いし良い。

バッキーはキャップの嫁だってはっきりわかんだね。

また、ブラックパンサーが良いキャラしてる。

アントマン続編、新スパイダーマン、ブランクパンサースピンオフは

決定してるっぽいのでとても楽しみ。

 

総評★★★☆☆[3.5]

一言で言えば前作の焼きまわしなんだけどCGのクオリティはあがったかも。

ヤスケンが前作と違う役で出てるけど今回もヤスケンが半分持って行く感が

凄まじい。敵のデザインとかもなんだけどスパイダーマン2のオマージュだよね。

前作見てない人は前作を先に見ることをおすすめします。あと、

パンツを吸引されて盗られる役で佐々木萌詠(UNAKO)がでてました。

まさかと思ったら、ね。ちょい役いろいろ出てるのでまた会える日を待っています。

 

総評★★★★☆[4]

X-MENシリーズ、マーベル作品見てる人はもちろんヒーロー映画初見でも

そこそこ楽しめる。盲目のばあさんの家に潜りこんでるの、よく考えたなと思う。

蛇足ですが、X-MENアポカリプスまだ見てないのでレンタル待ち、あとは

ウルヴァリン最終章、ローガンそろそろですね。

TSUTAYAログ20161129

映画レビュー TSUTAYA

TSUTAYAで借りたものを偉そうに感想言うシリーズです.

 

総評★★★☆☆

今回借りた中で一番期待していたがまあまあ(=微妙だった)。

現実志向なのかファンタジー志向なのかどっちつかずな感じ

ただヤスケン演技の濃度が高いのでそれが良いのかな。と

あと「一人は寂しいですから」という言葉がやたら刺さってくるし

お酒飲んでるシーンが1/3のような気もするのでお酒飲みながら見ると

良いかも(確実に寝る)。

 

総評★★★★☆

黒木華扮する七海がまわりの人間に翻弄されていく映画

本編は3時間ある長編だけどかなりテンポよくできていると思う。

黒木華ちゃんがいろいろな衣装着るのでそれだけで一見の価値あり

すでに持ってた黒木華写真集はこの映画が舞台だったんだけど

写真だけ見るとどういう話か全く繋がんなかったわ。

黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より

黒木華写真集 映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』より

 

 

総評★★★★★

朝からシコってんじゃねーよで始まる映画。タイトルどおりサックスシーン

多めです。まあそれはどうでもいいんだけど岡野真也ちゃんがかわいいし

演技の幅が凄い、そして可愛いです。ネタバレになるので言いませんが

事務所NGギリギリか超えて撮りなおしたんじゃねーのと。

あと細野よしひこくんもすごい役柄的にやっぱりなってなるけどw

 

総評★★★☆☆

コンセプトイメージが田舎っぽくて泥臭いんだけど

本編はれっきとしたディストピア系近未来SFだった。(あんまり詳しくないけど)

空気感的には好きなんだけどけっこうエグいシーンが多かった。

見る前にすこしでも心構えがあればもう少し評価高かったと思う

え?そっち?そういう系の話?みたいな。

神木くんの演技は素晴らしかったです!

 

総評★★☆☆☆

新人若手系女優にキャーキャー言わすのがB級映画のポジションだと思ってるし

期待なんて一ミリもして無かったつもりだった。マジでなにも

引っかかるところが無かったというか、微妙

アイドルが殺人首輪付けさせられて殺し合いさせられるってのは

まあ、バトルロワイヤルの踏襲だよなあとは思ってたけど...

バトルシーンがカードゲームっていう設定が完全に足引っ張ってて微妙でした。

山谷花純ちゃん目当てで借りたけど役不足感すごかったなあ、映画館で見たら

舞台挨拶でもない限りキレてたと思う。

あと蒼井涼夏役の佐々木萌詠さん、

見覚えるなと思ったら僕は好きだったのにけっこう強めに炎上した

UNAKOさんだった。

f:id:SUZUSHIRO:20161129215521p:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161129215651j:plain

 

さよなら。

 

 

iPhone7+ 2週間使用レビュー

レビュー gadget iPhone iPhone7plus

 こんちゃっす。iPhone7Plusを買ってから2週間たったのでいろいろ書きます。

カメラと音質とアップルペイについては別エントリーで近い将来書くのでそれ以外の内容になりますつまりクソ記事となります。

前回の↓

良いと思ったところ

・UIが良くなった、ひっかからない

 前使ってたiPhone6はiOS9のままだったので純比較はできないけど明らかに良くなったと思う。心地いい。iOS10になったのとハードウェア的なスペックも上がったことであらゆる面でもたつきが無い。あと本体を傾けるだけでスリープが解除される上にtouchIDが爆速なのでロックがかかってるとかかかってないとかオーナーはまるで気にする必要が無いし、ポケットから取り出して持つころにはロックが解除されている。

 初めて店でホットモックを触ったときはホームボタンが押せなくなったことでかなり違和感があって残念だと思ったけど、ロック解除時にホームボタンを押す時間が減った+設定でホームボタンを押したときの反応も変えられることもありすんなり慣れてしまった。とは言えiPhoneにとって、オーナーとホームボタンの物理的接触はかなりキーとなる要素だと思っていたのでコストカットなんじゃないかとも思ってしまう。

良いけど自分の環境から見て悪いところ

・でかい

 前に使ってた6とくらべて画面がでかい。ゲームとかアマゾンビデオ迫力あるし文字も見やすい。解像度も上がった。エンタメに強い。だがでかすぎてズボンのポケットに入らなくなった。ボクサーパンツに圧迫されたチンコみたいになるし割れそう、やぶけそう。ケースも付けたので尚更

f:id:SUZUSHIRO:20161116231055j:plain

12インチmacbookとは真逆の設計思想f:id:SUZUSHIRO:20161116231249j:plain     

  1.端子がUSB-Cではなくライトニング

なぜUSB-Cに統一しないのか?充電器を二個持ち歩くのいやだぁい。モバイルバッテリーはあるけど

  2.一つあれば十分なカメラが2つある

カメラ2つも要らんだろ。シンプルさ加減的な意味で

  3.誰がどう考えても普及してるイヤホンジャックの廃止

イヤホンジャックなぜ取ったし、取っても薄くなってね~し

 

マックブック12は必要最低限で綺麗にまとまっている。

それに対してiPhone7plusは付加価値の塊というかユーザーニーズに媚びつつイヤホンジャックを外すなど飛び道具満載。

すごく面白い。

まとめ:ヌルサク感が増したのが大きい

おしまい

追記

ケースはこちら

 

 

 

IIJmio 500MB データSIM簡易レビュー

gadget Xperia MVNO レビュー iijmio 格安SIM

 こんちゃっす。

携帯料金高杉晋作ということで来年6月までにMVNO+Wimax移行しようと思っていますが0円のシムが雑誌の付録になってたので買ってみました。(まあ本体がSIM)

 

MONOQLO(モノクロ) 2016年 12 月号 [雑誌]

MONOQLO(モノクロ) 2016年 12 月号 [雑誌]

 

 

 近所の本屋で680円でした 最初付録開けたらSIMカードが入ってるのかと思ってました。そんなわけねーだろって感じなんですけど。申し込み用のカードが入ってます。

f:id:SUZUSHIRO:20161103233326j:plain

 申し込み用の尻アルナンバーが書いてるのでIIJmioのサイトで

住所とカードのサイズを入力するだけですね。(自分は500MB音声通話なしでしたが別プランの場合入力する情報は増えるっぽい)

2日後簡易書留で届きました。

f:id:SUZUSHIRO:20161103233740j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161103233933j:plain

中身

f:id:SUZUSHIRO:20161103234031j:plain

刺しますよ、刺します刺します。(端末はデュアルシムのXperia XA)

f:id:SUZUSHIRO:20161103234225j:plain

左がIIJmio、右がすでに刺さってるワイモバイルのシムです。

f:id:SUZUSHIRO:20161103234348j:plain

設定>その他の設定>モバイルネットワーク>アクセスポイント名>APN

iijmio.jp,認証タイプを"POPまたはCHAP"に設定

f:id:SUZUSHIRO:20161103234759p:plain

優先SIMを変更

f:id:SUZUSHIRO:20161103235239p:plain

START PASSカードに書かれている番号に電話し(別端末から)

認証コードを入れて開通手続きを済ませと

無事アンテナが上がりました。(SIM1無効にしている)

↑最初この手順すっ飛ばして、繋がんねーぞwwwってなった

f:id:SUZUSHIRO:20161103235447p:plain

スピードテストした。

体感的には普段使いのauワイモバよりちょっと

ワンクッションあるかなくらい、まあ普通だな!!

f:id:SUZUSHIRO:20161103235848p:plain

おしまい。

-----------------------

2016/11/04 :文言修正