読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

walkman NW-A37 とりあえずレビュー

gadget レビュー sony ウォークマン

こんちゃっす。(二度追記しています)

ウォークマンNW-A37が届いたので感想を。

結論から言うとハズレ商品でした。

2週間使ってみてどうたら的なエントリーにしたかったですが

先日ドナドナしました。

最初触ったときは↓かなり好感触でしたが...

NW-A16との比較になります。

開けていきましょう。

ガラスフィルムと200GBのmicroSDもポチりました。

f:id:SUZUSHIRO:20161217020756j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217021052j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217020941j:plain

64GBモデルにしたのはわけがあって、

内蔵ストレージ64GB:常に聴きたいアーティスト

microSD:容量いっぱいになったらチェンジしてもいいアーティスト

みたいな感じで仕切っていて、前使ってたウォークマンが内部32GBでカッツカツ気味

でした別に32GBでも足りた気がするんですがハイレゾ音源今後出るかもということを

考えるとできるだけ多いほうに軍配が上がりました。

64GBモデルは全部イヤホン付きでした。単体で買うと6000円くらい?

まあ使わないんだけどね。

・ハードウェア編

f:id:SUZUSHIRO:20161217022758j:plain

縦長が四角っぽくなりました。

f:id:SUZUSHIRO:20161217022919j:plain

ロック画面こそ無いもののスマホ風になりました。

曲のコントロールできるハードボタン追加されたのはグッドですね。

f:id:SUZUSHIRO:20161217023048j:plain

写真で伝わるか分かりませんが本体の質感はすごく高級感が増して

重さも含めて剛性があるような感じがします。良い。

ジッポライターみたいな感じ。

f:id:SUZUSHIRO:20161217023208j:plain

f:id:SUZUSHIRO:20161217023131j:plain

ハードウェア的に見るとかなり良い出来だと思います。

Twitterでは曲がってる端末に当たった人も居たようですが

いつまで独自端子使ってんだ問題に関しては変換ケーブルで妥協してます。

f:id:SUZUSHIRO:20161217024516j:plain

USBが2.0なので初回転送は結構掛かるかも。

 

・音質編

素晴らしいです。イヤホンはXBA-A3+muc-m12sm2を使っていますが、

A16では力不足でしたが出力が倍以上になったことで本来の力が出たかなと

音の分解能力、高音の出方は凄いです。如実に音源の良し悪しが出る感はありますが。

エントリーモデルらしいですが、ミドルシップと言っても良いかなと思います。

(後述する音飛び問題で論外ですが)

ちなみにソニーストアはmicroSD持ち込みで試聴できますよ。

 

ここまで見るととても良いんですが。。。

 

・ソフトウェア編

 

 (フィルム貼りしくじった)

ソニーストアでデモ機触ったときはそこまで気にならなかったんですが。

ハッキリ言って

許容できるレベルではなく致命的に動きが遅いです。

画面が遅い、ボタンが反応しない、スリープボタンからの回復が遅いのはまだ

良いんですが(良くないけどw)

1時間~2時間に必ずと言っていいほど音飛びします。

DAPとして音飛びはありえないです、ストレスマックスです。

ちなみにA16は二年使ってますが

音飛びしたことがありません。(かなりの音量で常用していて記憶にない)

またバッテリーの持ちが半分か三分の二くらいになった気がします。

DAPスマートフォンに勝る点って音質より、動作の安定性(挙動)、バッテリー、

とか基礎体力的なところだと個人的には思っているんですが

本当に

f:id:SUZUSHIRO:20161217031002j:plain

今の時点で3445曲入っていますが今後転送していけば更に重くなる

わけですよね?ありえない。

A20シリーズまではLinuxベースの独自OS使ってたけど

モダンなUIにするために

A30からAndroidを使用している(インターフェイスやスクショ機能などから推察)

しかし

Androidを動かすにはCPUパワーが足りていないのか

タッチパネルのチューニングが甘いのか、バッテリーも持たないし

全盛期のレグザフォン並の挙動。

恐るべきことに30万のフラッグシップモデルにも同じOSが使われている。

ふざけてんのかって感じですよ。

昔からソニーは高いフラッグシップモデルを各分野出してましたけど

SONY TA-N1 900,000(1999年5月21日発売)画像:オーディオの足跡

f:id:SUZUSHIRO:20161217034043j:plain

それはハードウェア的に非常にお金をかけて、職人が手間をかけて

みたいな。

いつもフラッグシップモデルは

僕の憧れの的だったんですけど、今季のウォークマン

ハードウェアは凝ってますが

音楽再生機として結果としてただの手抜き商品じゃないすか。

いつまでソフトウェア手抜くんですか?

こんな非難ゴーゴーなエントリーを書いてるのがほんとに悲しいです。

来年のモデルに、マイナーチェンジかわからないけどどうにかしてください。

お願いします。

 

追記

ファームウェア(OS)は最新のバージョン1.02を使用

microSDをA16に刺して使用しているものの音飛びは観測できないので

microSDの問題ではなさそう。(そもそも

音楽ファイルを読み込むときはバッファぐらいありそうなので

microSD起因で音飛びとか考えにくい。)

価格.comでの高評価と自分での評価が真逆なのが顕著でした。

良い音源か悪い音源かってわかりやすいですけど

ハイレゾハイレゾでじゃないとかの話ってかなり音量あげないとわかりませんし

わからないかもしれません、かなりシビアな世界だと思うんですが...

 

追記 20170405

ソフトウェアの挙動や音飛びに関しては改善されたようですね。

もう手放してしまったので検証のしようは無いのですが

ネットの評判ではかなり良さげですね。

かといって 

見切り発車で発売して悪評になってしまったのは非常に残念ですし

音飛びゼロがにわかには信じ難いので

次製品がマイナーチェンジなら買うか微妙なところです。